無添加石鹸は肌に良いの?無添加石鹸の成分・選び方のポイント・長持ちさせるための保管方法などをご紹介

このサイトでは体や環境に優しいとされる昔ながらの無添加石鹸に関する情報を紹介しています。
石鹸そのものについての説明や購入時の選び方のポイント、使い始めてからの保管方法など、石鹸を使用する上で知っておくと助かる情報が中心となっています。
刺激の強い合成界面活性剤で肌荒れを起こしてしまうアレルギー体質や敏感肌の方、お肌や地球に優しいものを使いたい方に向けて古くから使われてきた優しい石鹸の魅力を存分にお伝えします。

無添加石鹸は肌に良いの?無添加石鹸の成分・選び方のポイント・長持ちさせるための保管方法などをご紹介

無添加石鹸とは肌への刺激などが懸念される添加物が入ってない石鹸のことです。
添加物が一切入ってないものと思ってしまいますが、何か一つ入ってないだけも無添加と表示されているのが現状です。
より肌に優しい石鹸を選びたいのなら完全無添加石鹸を選ぶと良いでしょう。
無添加石鹸の中には水とカリ石ケン素地のみ使用というものもあります。
天然成分のみでできた石鹸であれば、肌はもちろん地球への負担も少なくて済みます。
選ぶ際は成分を確認してみると良いでしょう。

そもそも無添加石鹸はどのような石鹸?

私たちが、体などを洗う際によく用いられるものに石鹸があります。
石鹸にも様々な種類がありますが、大変良い香りのするものや防腐剤などの成分を含むものも知られています。
このような成分が含まれる石鹸には、色々な良い面もあるのですがそのような添加物に対しアレルギーを持つような人も数多くいることが有名です。
そのような人たちにとって、そのような添加物を含まない無添加石鹸というものが大変魅力的です。
無添加石鹸にはその名のとおり、添加物が一切含まれません。
このような石鹸は、通常のものに比べ環境の変化を大変お安くなっているのですが、そのぶん肌に与える影響というものが小さくなってきます。
色々なことに対してアレルギーなどお持ちであれば、まずこの石鹸を利用されることをお勧めします。
色々な調整する成分なども入っていませんので、洗浄力が強く肌が突っ張ったような感じになるかもしれません。
しかし、そのような特質が、肌に対して大きな影響を与えないものであるということを知る必要があります。

無添加石鹸は本当に化学物質が含まれていないのか?

無添加石鹸には化学物質を含まないといった印象を持っているかもしれませんが、以外にも私たちの身の回りにあるものはほぼすべてが化学物質といえるでしょう。
化学物質が天然でない物とすると、無添加石鹸の原料である石鹸素地には、ほとんどの場合で苛性ソーダとも呼ばれる水酸化ナトリウムが用いられており、これは人工的に製造された工業原料です。
しかし、完成した石鹸に含まれる水酸化ナトリウムは人体に有害な刺激をせず、生物分解にも大きな影響を与えません。
無添加石鹸に含有されない化学物質として挙げられるのは着色料や、エデト塩酸に代表される金属イオンによる油脂の酸化や変色を抑えるための金属封鎖剤、あるいは香料です。
合成着色料には発がん性の懸念があり、金属封鎖剤は生物分解が難しいですし、一部の合成香料には自然界における生体濃縮の問題があります。
無添加石鹸はこうした成分を含まないため、厳密には化学物質を使っていても安全性は高いのです。

無添加石鹸の原料として使われているもの

無添加石鹸の原料は石鹸素地と呼ばれるもので、石鹸素地は何らかの油脂と苛性ソーダを混合し、鹸化反応させて作られるものです。
苛性ソーダは水酸化ナトリウムの別名で、水酸化ナトリウムは強いアルカリ性の無機化合物ですが、油脂の脂肪酸とナトリウムが化合することによって安全に汚れを落とす効果を発揮します。
一方、原料となる油脂には植物性と動物性があり、動物性の場合は牛脂を使うことが多いです。
牛脂は融点が摂氏40度から45度の範囲とされているので、肌の上では溶け切らない性質を持ち、洗濯の際にはお湯を使うことが推奨されています。
植物油を用いる場合はパームヤシから得られるパーム油や大豆油、菜種油といった食用にもなる油脂が用いられます。
また、オレイン酸を豊富に含み保湿力の高いオリーブ油やマカダミアナッツ油を用いることもあります。
乾燥肌の方が無添加石鹸を使うなら、保湿力の高い植物油を原料としている石鹸がおすすめです。

無添加石鹸を使用するメリットとは?

無添加石鹸には法的な定義がないため、無添加とされつつも保存料や香料を含んでいる場合があります。
とはいえ、それらの成分は天然由来のものであることが多く、肌への刺激や環境負荷の少ない製品が多いです。
そんな無添加石鹸を使用するメリットとしては、肌への刺激の少なさが代表的ですが、洗浄力の点でもメリットはあります。
天然油脂と苛性ソーダだけを使った石鹸素地はその全てが洗浄成分といえるので、汚れ落ちのよい洗浄料といえます。
特に油汚れを落とす力は強いので、油性肌の方でもさっぱりとした洗い上がりになりますし、台所や洗濯といった場面でも効果的です。
しかし、オリーブ油などの保湿性の高い油脂を原料にしている無添加石鹸は洗浄力の高さと保湿力が揃っているので、乾燥肌の方でも汚れを落としつつもしっとりとした洗い上がりが期待できます。
また、無添加石鹸は刺激性のある添加物を含まないので、香料や防腐剤にアレルギーのある方には安全性のメリットが高いです。

著者:平本喜雄

筆者プロフィール

岩手県盛岡市生まれ。
無添加石鹸についてもっと知りたい