無添加石鹸とボディソープとの違い

無添加石鹸とボディソープとの違い

無添加石鹸は、以前から販売されていましたが最近の自然派志向の人の増加によって需要が高まっています。
界面活性剤が配合されているのが一般的なボディソープでは、滑らかな使い心地やしっとりした感触の泡が特徴ですが無添加せっけんはどちらかというと汚れ落ちが良くさっぱりとした使用感になっています。
無添加石鹸を選ぶ方は、ボディソープからの乗り換えでは乾燥が気になったり泡切れの良さに感動したりとそれぞれの発見があるケースが多いです。
一般的に界面活性剤が配合されているのが液体ソープで、そうでないのが無添加石鹸と考えるとよいでしょう。
無添加石鹸は、肌に優しいのでアレルギーを持っていたり敏感肌の肌の洗浄に最適です。
汚れ落ちが良く泡切れも良いですし、余分な添加物が入っていないのでアレルギーが起こりにくくなります。
液体せっけんは使いやすくしっとりした肌触りが特徴ですので、それぞれの良さがありますので好みに応じて選びましょう。

無添加石鹸を使った敏感肌の場合の洗顔の手順を具体的に解説

肌トラブルを起こしやすい敏感肌に悩んでいるという人もいるのではないでしょうか。
皮膚のバリア機能が弱まっていると考えられている敏感肌の場合には、顔の洗い方にも注意が必要です。
まずはぬるま湯を用いて顔を濡らしますが、この時には冷たい水や熱湯は使わないのがポイントです。
そして無添加石鹸を付ける前にはしっかりと泡立てるようにします。
泡を立てるためにはネットを使うのもおすすめです。
手で行うよりも肌理の細かい泡が出来るというメリットがあるからです。
次にこのようにして作った泡を顔につけて洗っていきます。
この時には顔を手や指で擦ることなく、泡のみが降れるようにして洗うようにすることで肌への刺激を少なくすることが期待できます。
その後ぬるま湯を使って洗い流しましょう。
この時にも擦らずにしっかりと無添加石鹸を流すようにするのが特徴です。
洗い終わったら清潔なタオルで顔の水分を吸い取るようにして拭きます。
最後に化粧水や美容液などを使って保湿しておきます。

著者:平本喜雄

筆者プロフィール

岩手県盛岡市生まれ。