無添加石鹸と純石鹸は同じもの?違いとは?

無添加石鹸と純石鹸は同じもの?違いとは?

肌に優しい洗浄料として挙げられるのが石鹸ですが、これには無添加石鹸と純石鹸という2種類が含まれます。
いずれも肌への刺激が少ないものではありますが、成分には大きく異なる点があります。
そもそも石鹸は主に牛脂やパーム油などの天然油脂と苛性ソーダの名称でも知られるアルカリ性の水酸化ナトリウムや水酸化カリウムを混合し、鹸化させることで製造されるものです。
その鹸化の過程において油脂の脂肪酸にナトリウムやカリウムが結合し、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムが形成されます。
純石鹸とは、脂肪酸ナトリウムあるいは脂肪酸カリウムが98パーセント以上、残り2パーセントは製造時の不純物であるとJIS規格で定められている製品です。
一方、無添加石鹸には明確な定義がなく、肌によくない防腐剤や着色料、合成香料などを含まない製品が一般的に無添加石鹸と表現されています。
本来の意味での無添加石鹸を使用するなら、純石鹸を使うのが適切といえます。

低刺激な無添加石鹸はデリケートな方におすすめ

多くの石鹸には防腐剤、防カビ剤のほか、洗浄力を上げるための炭酸塩、匂いをつけるための香料、鮮やかな色を出すための着色料など様々な添加物が含まれています。
これにより長期にわたって保存できたり、洗浄時には一定の清涼感を得られる一方で、お肌がデリケートな方にとっては刺激となり皮膚の炎症などの原因になってしまう場合もあります。
そんな方におすすめなのが、低刺激の無添加石鹸です。
前述のような化学物質を一切に含まず天然素材のみで作られた無添加石鹸なら、低刺激でお肌にもやさしく安心して使用することができます。
油脂を水酸化ナトリウムなどで鹸化させて固めただけのシンプルな造りなので、水にすぐ溶けて泡立ちも良いのが特徴です。
従来型の石鹸なら洗うたびにお肌のトラブルに悩んでいた方でも、無添加石鹸ならそれらの懸念も一切にないばかりか、やわらかくきめ細かな泡で洗い上がりも快適だと評判で、次に購入するなら無添加石鹸と考えている方が増えています。

著者:平本喜雄

筆者プロフィール

岩手県盛岡市生まれ。